これまでの主な演題・テーマ

★ 人生を明るく楽しく送る … 49回以上
 「いきいきと生きる」
 「心の位置をちょっとずらせば…」
 「逆境こそチャンス」
 「おもしろき事もなき世をおもしろく」
 「目に見えぬもの」
 「死と言うことについて」
 「不思議との出会い」
 「一身にして二生」
 
★ 祈りと音楽について … 24回以上
 「雅楽とわたし」
 「祭典と音楽」
 「いにしへの笛の音」
 
★ 地域活性を考える … 24回以上
 「村おこしと宮おこしは同心円だ」
 「流れる水は腐らない」
 「愛する郷土、私の村おこし」
 「まちづくりは心づくり」
 「地域おこしと河童太鼓」
 「飛行機は空気の抵抗があるから飛べる」
 「地域の活性化と生き甲斐」
 
★ 日本のアイデンティティ「皇室」 … 23回以上
 「天皇様の大御心」
 「日本の祈り」
 「天皇陛下にお会いして」
 「愛のかたち〜美智子皇后陛下」
 「皇室と日本の国の姿」
 「皇位継承と日本の伝統」
 「女性天皇を考える」
 「日本民族の神の信仰」
 「戦争と天皇」
 「いつくしべき事な忘れそ」
 「八月になれば思うこと」
 
ほかにも、
「神道講話」、「神社と日本人」、「史談」、「日本の将来と教育」
といった演題などで講演をしております。
この度は、当・雲八幡宮のウェブページをアクセスいただきありがとうございます。

みなさんは神社に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?「神聖な場所」、「伝統」、「格式高い」、「近寄りがたい」…。人それぞれに異なる思いを抱いていらっしゃることでしょう。

戦後、わたしたちの社会環境は大きく変化しています。自然が破壊されていくことに加え、過疎化、核家族化、少子高齢化はますます進んでいき、隣に住んでいる人が誰なのかさえ分からないといった具合いに、人と人とのふれあいが減少化、単純化してまいりました。
世の中が便利になればなるほど、物事の判断を合理的であるかどうかだけで判断する人が増加していることも悲しいことです。

このウェブページでは、雲八幡宮にまつわる内容だけでなく、日本古来の伝統文化についても発信していこうと思っています。
願わくば、これをご覧になった方々が、日本って素晴しいなぁ、日本人に生れて良かったなぁと誇りに感じていただければ幸甚に思います。

パソコン技術は未熟ではございますが、耶馬溪の山里から新鮮な情報をお届けしていこうと思います。

               雲八幡宮 宮司  秋 永 勝 彦
石笛を吹く宮司
〒871−0433 大分県中津市耶馬溪町宮園363
TEL/FAX (0979)56−2309  URL http://kumohachiman.j-air.net/
宮司の講演活動

 過疎高齢化という地方の課題に取り組んで20余年、逆境を生き抜く人生の訓徳を実体験をもとに当社宮司秋永勝彦が実体験をもとにお話致しております。ご用命がございましたら全国どこでもお伺いし、講演致します。まずはご相談ください。